file fig76-18.gda
elems [164]
vmap [([3,'サービス',1.000000],[137,3.639057]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([2,'',1.0],[0,0.0]),([1,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2006

TEMS■太陽光発電などの分散電源の導入促進などを目的に、ローカル・エネルギー・ネットワーク(LEN)が形成される。■BEMS・HEMSの普及にあわせ、地域のエネルギーマネージメント(TEMS)が始まる。■再生可能エネルギー導入に伴い、エネルギ貯蔵を含めたエネルギーマネージメントが行われる。■TEMSが普及し、系統の電圧・周波数制御を分担する。熱の相互融通技術電気・水素の相互融通技術需要予測技術ゲートウェイ通信技術TEMSエネルギー融通ネットワーク化による連携制御地域熱(温水)相互利用システム熱相互利用システム(戸建住宅、集合住宅)HEMS・BEMSとの連携エネルギー貯蔵との連携制御系統との連携制御需要アグリゲート技術データ収集・分析、事故時開閉常時開閉系統の制御機能分担通信プロトコルの高度化光LAN・ワイヤレス通信プロトコルの統合2000203020502100技術以外の要因●エネルギー特区、規制緩和などの施策による導入促進●ESCO事業の普及、ESP(エネルギー・サービス・プロバイザー)等の省エネビジネスの発展エネルギー貯蔵・ネットワーク■蓄電などのエネルギー貯蔵、セキュリティ向上、潮流変動抑制などの要件を持つ場所から導入が始まり、再生可能エネルギーの普及に伴い昼夜間の出力変動の対応などのために導入が広まる(家庭の場合昼夜間での蓄電必要量は20kWh/世帯程度)■再生可能エネルギーの普及の進展により蓄電による貯蔵可能量を超えた分について、水素などによる貯蔵が開始され、水素利用技術も同時に実用化される■創エネの導入に伴い、貯蔵も含めたネットワークが形成されるエネルギー貯蔵・ネットワーク(電気・熱・水素)リチウム電池新型二次電池、蓄熱水素利用燃料電池分散エネルギー貯蔵ローカル・エネルギー・ネットワーク(LEN)民?17