file 32-2.gda
elems [94, 89]
vmap [([2,'',1.0],[0,0.0]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'例',1.000000],[56,3.639057]),([1,'技術',1.000000],[53,5.000000])]
doc_set 2006

同等の改善率でCO2排出原単位を改善。
(将来に亘って世界をリード)【(2)極端なエネルギー構成によるケーススタディ】〔ケースA〕石炭等の化石資源と二酸化炭素回収・隔離の最大利用ケース〔ケースB〕原子力の最大利用ケース〔ケースC〕再生可能エネルギーの最大利用と究極の省エネルギー実施ケース【(3)分野毎に求められる技術スペックの洗い出し】)効用が増大する中、民生、運輸、産業の各分野では、●転換分野からの供給が必要なエネルギー(単位当たり)を、70〜80%削減。
(※必要エネルギー量がGDPに比例して増大した場合を基準)等【(4)技術スペックの実現に必要となる主な技術メニューを分野別ロードマップに時間軸展開】
対策の基本コンセプト:従来の増大の連鎖から脱却した真に持続可能なエネルギー需給構造を実現する技術が鍵。
分野毎に求められる主な技術スペックと対策の考え方(1)新たな機器を含めた省エネ(2)太陽光等の身の回りのエネルギーを使って創エネを実施。
(究極的には、転換分野からのエネルギーに頼らない自立化)また、融通、分散貯蔵等により最大限活用。
「省エネルギー」と「燃料転換」が主要な柱
機器単体の省エネ:(1)駆動・推進シテムの高効率化(2)移動体(車体,船体,機体)の軽量化