file 32-6.gda
elems [107, 109]
vmap [([2,'',1.0],[0,0.0]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'例',1.000000],[57,3.639057]),([1,'技術',1.000000],[59,11.000000])]
doc_set 2006

内燃機関ハイブリッド車燃料電池ハイブリッド車、電気自動車
製造プロセスの高度化((2)(3))
製品使用後の再生((1))
製品の高機能化を組み合わせ。
(※)コプロダクション:例えば、ガス化プロセスを利用して、エクセルギー損失を電力/水素として回収。
あたかも物質に加えてエネルギーを併産。
(※)物質エネルギーの再生:例えば、使用済み化学品のガス化により、原材料利用やエネルギー生産等が可能。
分野横断的な技術の:省エネ技術、エネルギー貯蔵技術、パワーエレクトロニクス技術、ガス化技術、エネルギーマネジメント技術等
化石資源の効率的利用技術
原子力利用技術再生可能エネルギー利用技術また、再生可能エネルギーの増加に伴い、大規模な蓄エネルギー技術やネットワークシステム技術が必要となる。
CreatedwithpptHtml