file fig5-1.gda
elems [521]
vmap [([4,'',1.0],[0,0.0]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'',1.0],[0,0.0]),([2,'連携',1.000000],[450,2.945910])]
doc_set 2006

化学物質総合管理分野の導入シナリオ目標国内外の動き・行政、企業等で、科学的に評価されたリスクを認識した上での化学物質の使用・行政、企業、国民等のリスクコミュニケーションのもとで、透明で合理的な化学物質管理についての理解促進・揮発性有機化合物(VOC)等の削減が進むことにより、環境負荷の改善に寄与し、国民の健康や生活環境を保全・日本の産業の国際競争力化審法・化管法への適切な対応化学物質安全性データ取得、レスポンシブルケア活動の推進VOC排出抑制への対応(2010まで)有害化学物質排出抑制への対応ヨハネスブルグ宣言達成HPV5200全物質の有害性評価終了(2020年)研究開発の推進VOCの排出2000年度比3割程度削減(2010年)PCB特別措置法に基づいた国内保管PCBの無害化処理終了(2016年)20042005201020152020REACH導入(2008年)HPV2000物質の有害性評価の終了(2010年、提案中)改正大防法(規制と自主管理によるVOC排出削減)施行(2006年)大防法改正(2004年)POPs条約発効(2004年)企業の取組国内国外化学物質適正管理化審法規制対象物質のリスク評価及び管理の実施政府の対応リスク評価管理有害性評価、暴露評価に基づくリスク評価手法の開発化管法に基づく情報の開示や流通を着実に進めるための実態調査やツールの整備国際的な動向を踏まえた新たな評価法の適用範囲を検証し、OECDへ提案評価手法の活用及び普及、人材育成法律改正への対応税・財投制度技術の普及・標準化推進有害性評価手法簡易で安価な有害性評価手法開発リスク削減暴露評価手法リスク評価手法知的基盤の整備有害化学物質の排出削減や革新的な環境調和型生産技術環境汚染の修復・無害化処理のための基盤技術の確立VOC削減技術開発リスク評価管理構造活性相関(SAR)手法による予測システムの開発高精度または簡易な暴露評価手法開発高度リスク評価手法開発化学物質総合リスク評価管理システムの開発環境負荷・健康影響等防止技術開発リスク顕在化学物質の対策技術有害性評価、暴露評価に基づく体系的リスク評価手法の開発シンポジウム、セミナー、講習会等の開催環境技術実証モデル事業公害防止設備に対する優遇税制、低利融資標準化大気汚染防止法、土壌汚染対策法、水質汚濁防止法等シンポジウム、セミナー、講習会等の開催分解性・蓄積性QSARのOECDバリデーション試験データベース等の知的基盤整備化学物質管理指針見直し化管法リスク削減研究開発の取組み見直し化審法新規化学物質の審査官民連携による既存化学物質点検リスク評価に基づく規制化学物質管理Ver.1(モニタリング、生産量のみで管理)Ver.2(Ver.1に暴露手法を加えて管理)