file fig72-1.gda
elems [122, 171]
vmap [([4,'役割',1.000000],[106,4.135494]),([0,'人',1.000000],[148,3.302585]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'',1.0],[0,0.0]),([2,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2006

リスク評価・リスク管理のロードマップ2005リスク評価・管理の方向現時点化学物質管理の第2世代物質ごとのリスクに基づく管理規制と企業の自主管理のベストミックスのもと、物質ごとにリスクを減らす【行政】個々の物質の代表的なケースのリスクを評価し、管理する。化審法のリスク評価の高度化(製造量、輸入量、用途情報等に基づくリスク評価の高度化)【企業】個々の物質や製品のライフサイクルでのリスクを評価し、自主管理する。REACH対応工場周辺のリスク評価・管理手法のバリデーション・実用化・普及化審法のリスク管理手法費用対効果を考慮した合理的リスク管理手法各主体の役割行政が行うリスク管理に必要な手法リスク管理に必要な技術開発企業の自主管理を支援するための手法要素技術リスク評価に必要な技術開発社会ニーズへの対応現時点では、有害性や暴露の情報が十分に揃っている物質については、物質ごとに平均ケース(・地域)の各エンドポイントごとのリスク評価が可能ヒト健康について共通の指標で評価する手法情報量基準等に基づくデータ、モデルの選択技法ストック汚染を考慮したリスク評価が可能にナノ粒子のリスク評価が可能にシックハウスのリスク評価が可能に生活環境動植物*や固体群等生態系のリスク評価が可能に地域の特性を考慮したリスク評価が可能に製品のリスク評価が可能に自然発生源のある物質のリスク評価が可能に感受性やライフスタイルを考慮したリスクを詳細に評価可能に混合物や複数物質の多重暴露によるリスク評価が可能に不確実性を含んだリスク指標の開発優先順位付け手法ヒト・生態リスクの統一指標の開発ヒト健康や生態系へのリスクについての統一評価が可能に不確実性を考慮したリスク評価手法によって、有害性や暴露の情報が十分に揃っていない物質も含め多くの物質のリスク評価が可能にTieredApproachにより、効率的なリスク評価(緊急性の高い物質から順番にリスク評価)が可能にデータ等の不確実性を前提としたリスク管理技法管理策の効果(回避されたリスク)の経済評価手法管理策に要するコストの評価手法管理策の効果(回避されたリスク)の評価手法現時点では、管理策のコスト対効果が評価可能現時点では、コスト対効果を考慮した適切な管理策が選定可能現時点では、有害性や暴露の情報が十分に揃っている物質については、コスト対効果を考慮した適切な管理策が選定可能有害性や暴露の情報が十分に揃っていない物質についても、不確実性がある中で、適切なリスク管理策が策定可能に化学物質間で、管理策のコストと効果を考慮した適切な管理策が選定可能に管理策のコストと効果を同じ指標で比較可能に化学物質以外のリスクも考慮した最適な管理策が選定可能に化学物質とそれ以外のリスクを同じ指標で比較可能に化学物質のリスクとそれ以外のリスクの統一指標の開発地域(工場付近)のリスク管理手法工場単位のリスク管理手法製品のリスク管理手法環境に配慮した設計(DfE)手法複数物質・製品でリスクを比較し、自主管理するための手法リスク管理の研究項目の優先順位付け手法複雑なシナリオのリスク(混合物や複合暴露等)や感受性やライフスタイルに留意し管理するための手法サプライチェーン含有物質トレース手法製品単位のリスク管理手法地域のリスク管理手法ストック汚染のリスク管理手法特定化学物質のリスク管理手法評価の優先順位やTieredApproachを考慮した効率的リスク管理体系の構築監視化学物質のリスク管理手法不確実性を考慮して多くの物質をリスク管理する手法費用対効果を考慮した合理的リスク管理手法代替物質のリスクなど化学物質間のリスクのトレードオフを考慮したリスク管理手法化学物質とそれ以外のリスクとのトレードオフを考慮したリスク管理手法リスクトレードオフに基づく最適管理手法手法のバリデーション・実用化・普及【国民】リスクコミュニケーションを通じて、化学物質のリスクとベネフィットに対する理解が深まる。【企業】様々な物質や製品のライフサイクルでのリスクを比較し、自主管理する。【行政】様々な物質間や化学物質とそれ以外のリスクとの間でリスクを比較し、また様々なケースのリスク(混合物、複合暴露、感受性、ライフスタイル等)に留意しながら、管理する。管理策の国際調和を図る。リスクとベネフィットとのバランスを考慮し、リスクコミュケーションを通じてリスクと向き合う社会を構築する化学物質管理の第3世代リスクトレードオフに基づく最適管理「リスク評価・管理の目標像」を示す「技術開発のアウトカム」(右の「目標像」実現に向けてのステップ)を示す。「重要技術開発項目」を示す凡例「技術開発項目」を示す【国民】化学物質のリスクの情報やリスク評価するための手法を知りたい時に知ることができ、化学物質に対する理解が深まる。新規の物質・技術や懸念されているリスクの管理が可能に既に生じている複合暴露の影響に対して対策を立てることが可能に(シミュレーションによる「事前」予測とは別に、「事後」的管理も可能に)複雑なシナリオのリスク(混合物や複合暴露等)や感受性やライフスタイルに留意し管理することが可能に新規の物質・技術や懸念されているリスクの評価が可能に目的やシナリオ、必要精度に応じてリスク評価可能に既に生じている複合暴露の影響を評価することが可能に地方行政へのリスク評価取り込み20102020