file fig72-2.gda
elems [756, 26]
vmap [([4,'役割',1.000000],[659,4.135494]),([0,'人',1.000000],[22,9.907755]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'',1.0],[0,0.0]),([2,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2006

リスク評価に必要な技術開発社会ニーズへの対応現時点では、有害性や暴露の情報が十分に揃っている物質については、物質ごとに平均ケース(・地域)の各エンドポイントごとのリスク評価が可能ストック汚染を考慮したリスク評価が可能にナノ粒子のリスク評価が可能にシックハウスのリスク評価が可能に有害性(b)暴露(E)有害性(a)社会ニーズへの対応暴露評価に必要な技術開発個別物質の暴露評価手法各エンドポイントの暴露評価手法暴露(c)平均ケース(人・地域)の暴露評価手法暴露(A)製品からの直接暴露の評価手法ストック汚染による暴露の評価手法排出量、環境条件などの最悪ケースも反映されるように暴露シナリオを体系化暴露(B)新規の物質・技術や懸念されているリスクへの対応環境中や生体中濃度モニタリングとその活用環境中や生体中濃度センサー生態系のリスク評価のための暴露評価手法生態系食物網構造解析手法暴露(A)暴露(F)暴露(E)シックハウスの暴露評価手法ナノ粒子の暴露評価手法モニタリングデータの暴露評価的用手法サンプリングスキーム構築(生物相モニタリングスキーム含む)暴露(B)環境中微量物質マルチセンサー携帯型環境(室・車内等含む)微量物質検出センサー有害性(f)暴露(H)暴露(B)暴露(B)暴露(C)暴露(C)土壌、地下水汚染異常評価手法化学反応(分解、反応生成)を考慮した環境中運命モデル環境中運命評価手法排出のモニタリング排出データの活用、最適化排出量推定手法PRTRデータの暴露評価的用手法モニタリングスキーム構築ライフサイクルでの用途推定手法PRTRデータ妥当性評価手法観測値から排出量を推定する逆解析手法用途ごとの排出推計手法精度評価を伴ったPRTRデータの推計法有害性評価に必要な技術開発高速化?社会ニーズへの対応新規の物質・技術や懸念されているリスクへの対応?要素技術手法のバリデーション・実用化・普及有害性(b)有害性(a)シックハウスの有害性評価手法ナノ粒子の有害性評価手法混合物、複合暴露の有害性評価手法【行政】・試験戦略を活用した効果的・効率的な有害性評価既存化学物質の安全性点検加速化【企業】・有害性評価のコスト負担減少(より多くの物質を評価できるようになる)有害性(c)世代別感受性を考慮した有害性評価手法生態系の有害性評価のための特有な技術(底質毒性試験法や成長段階別の有害性推定手法)有害性(b)より高精度なマテリアルフロー分析手法生体中微量物質検出センサー人・生態系の暴露検出のためのバイオマーカー迅速検出センサーバイオアッセイモニタリング手法(環境測定による化学物質の暴露把握手法)環境中で化学変化する化学物質や地下水を経由した暴露の評価が可能に有害性(e)メカニズムに基づき高精度で3Rに沿った有害性評価が可能に物質や毒性に適した評価手法が体系化され、「必要性の低い物質は安価・高速に評価し、必要性の高い物質は詳細にinvivoで試験する」という試験戦略が可能に分解性・蓄積性QSARメカニズムを考慮したQSAR分解性・蓄積性QSAR(新規物質の試験結果活用等による適用性拡大)有害性QSAR(感作性・変異原性・生態エンドポイント等)カテゴリーアプローチ手法蓄積性試験のinvitro試験法その他invitroの簡易なスクリーニング手法(ヒト細胞などを用いた)発がん性等、高コスト・長期を要する毒性が安価・高速に評価可能に発がん性、生殖毒性、神経毒性、高コスト・長期を要する毒性の高度な評価手法invivoでの高速の評価手法invitroの簡易でハイスループットに対応可能な評価手法単純なPBPK/TDモデル単純なPBPK/TDモデル(invitro等の試験結果を適用して改善)有害性(f)有害性検出バイオマーカー探索手法実験室でのミニ生態系(マイクロコズム)タンパク質等の上位断層での網羅的解析技術ADME/Toxのメカニズムの分子レベルでの解明手法(たんぱく質の役割等)詳細なPBPK/TDモデル(細胞応答や臓器・組織応答のシミュレーション)有害性(d)分子~細胞~臓器~組織レベルでのメカニズム解明マルチエンドポイント型有害性評価手法遺伝子発現解析技術を用いた個人の有害性評価技術遺伝子発現解析技術を用いた種差による感受性差評価技術ヒト培養細胞を用いた種差を回避した有害性評価手法insilico人体、 insilico生態系スクリーニング評価が安価・高速あるいはHTP化可能に。有害性予測が可能に自然発生源のある物質の暴露評価手法運命モデルとモニタリング効果の比較により、モデルの精度が向上より正確な排出量を反映した暴露評価が可能に目的に応じて、必要な精度での暴露解析が可能に水域等の現場で(検査機関への運搬不要)、個別化学物質由来のリスクと共に、媒体全体としてのリスク(個別物質の同定不要)も迅速に評価可能に微量な化学物質の濃度(環境中や生体中)が迅速に簡易に測定可能に暴露(G)不確実性を含んだ暴露指標の開発ライフスタイル別の暴露評価手法感受性の高い集団の暴露評価手法地域別の暴露評価手法自然発生源のある物質のリスク評価が可能に有害性(e)有害性(c)暴露(H)暴露(G)有害性(d)感受性やライフスタイルを考慮したリスクを詳細に評価可能に混合物や複数物質の多重暴露によるリスク評価が可能に製品のリスク評価が可能に地域の特性を考慮したリスク評価が可能に生活環境動植物*や固体群等生態系のリスク評価が可能に不確実性を考慮したリスク評価手法によって、有害性や暴露の情報が十分に揃っていない物質も含め多くの物質のリスク評価が可能にTieredApproachにより、効率的なリスク評価(緊急性の高い物質から順番にリスク評価)が可能に既に生じている複合暴露の影響を評価することが可能に目的やシナリオ、必要精度に応じてリスク評価可能に高度化高度化とはすなわち・一部の物質は、insilicoで高速化するなど、より効率的で合理的でかつ高精度な試験戦略・種差を反映した高精度な有害性評価や、個の多様性を反映した有害性評価(自分への影響がわかる)により、国民の安心を実現手法のバリデーション・実用化・普及種差を回避・克服し、個の多様性を反映した有害性評価が可能に?要素技術