file fig75-5.gda
elems [6, 270]
vmap [([4,'',1.0],[0,0.0]),([0,'人',1.000000],[3,3.302585]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'',1.0],[0,0.0]),([2,'連携',1.000000],[218,2.945910])]
doc_set 2006

運輸効用(・km、トン・km)転換分野からの供給が必要な必要エネルギー量※(運輸全体)自動車必要エネルギー量※       電化・水素化率CO2原単位航空機・船舶・鉄道必要エネルギー量※0%160g-CO2/km(1倍)20002030205021001倍1.5倍2.1倍20%削減50%削減70%削減30%削減1%以上60%削減40%80%削減100%100g?CO2/km(2/3倍)10~20%削減50g?CO2/km(1/3倍)20~35%削減0g?CO2/km(2/3倍)30~50%削減※GDPに比例して効用が増加した場合を基準にして、転換分野からの供給が必要なエネルギー(単位当たり)の削減量エンジン/モータ(ハイブリッド死sクテム)モータ燃料電池/蓄電池軽量化による省エネ枠内用途の超軽量小型車0g-CO2/km(自動車)合成燃料(混合)バイオマス燃料(混合)省エネ自動車(エンジン)[液体燃料](石油)航空機船舶鉄道運輸全体燃料転換[水素貯蔵][水素供給][電力貯蔵][電力供給]圧縮水素バッチ輸送ケーブル接続充電軽量化による省エネエンジン効率向上ハイブリッド駆動運輸システム連携による省エネ液体水素、水素吸蔵材料高効率オンサイト製造蓄電池、キャパシタ等ケーブルレス非接触充電[内航船]水素駆動化・超電動駆動化[外航船]大型化・低速運行システムパイプライン輸送(局所、地域)概-