file 43-6.gda
elems [122, 142]
vmap [([2,'応用',1.000000],[54,3.079442]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'例',1.000000],[66,3.639057]),([1,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2006

太陽や風力などの設備利用率は低く、大きな設備容量を必要とするため、設置を容易にする技術
も必要。
また、自然エネルギーは気象条件等に左右され、需要と供給の双方が変動するため、大規模な蓄エネルギー技術や系統制御(エネルギーマネジメント)などのネットワークシステム技術の確立が必須となる。
【分野横断的な事項】
分野横断的な技術は、技術が実現すると、その効果を発揮できる可能性が高く、その応用分野も広く重要な技術と成り得る可能性があると考えられる。
)省エネ技術、エネルギー貯蔵技術、パワーエレクトロニクス技術、ガス化技術、エネルギーマネジメント技術等
3つのケースの技術が融合した社会イメージ(起こり得る可能性が高い社会像)
我が国では、現状では国内でのCO2の地中隔離には量的限界があり、環境影響評価と社会的合意獲得の面で課題を乗り越える必要のある海洋隔離を想定しなければ量的には不十分であり、また化石資源の有限性を考えるとケースAは長期的な解決とはなり難い。