file 50-2.gda
elems [31, 161]
vmap [([2,'応用',1.000000],[16,3.079442]),([0,'MEMS',1.000000],[83,11.499640]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2006

センサMEMSでは日本、欧州が米国よりもシェアが大きい。
MEMSデバイスでは、応用範囲が多岐にわたっており、製品によってメーカが大きく異なり全体のシェアは必ずしもMEMSの技術力を表しているとは言えない。
参考資料MEMSの競争力比較1.MEMSに関する特許動向
登録件数でみると、各地域ともに高い増加傾向にあるが、特に米国は日本、欧州の約3倍と急速に伸ばしている。
また、韓国も絶対数は少ないが1999年以降に着実に増加している。
2.MEMSに関する論文発表動向
特許出願のシェアをみると、日本が1998年〜2002年でシェアを落として、韓国、中国が件数は少ないがシェアを伸ばしている。
米国、欧州はほとんど変化が無い。
論文発表数をみると、特許と同様に急速に増加している、特に米国が49%、欧州が27%と大半を占めている。
日本は15%と特許に比較して論文発表の比率が少ない。