file fig101-2.gda
elems [461, 100]
vmap [([2,'応用',1.000000],[405,3.079442]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'例',1.000000],[82,3.639057]),([1,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2006

現在202520152010医薬品の変化低分子医薬ワクチン細胞医薬糖質医薬(糖)タンパク医薬核酸医薬抗体医薬ゲノム情報に基づいた分子標的薬シーズの創薬(標的:GPCR、核内レセプター、キナーゼ等)より多くの疾患において、分子標的薬が活用されていく。抗体医薬の機能を代替する低分子医薬実現多くの疾患について低分子医薬が製造される。薬剤の適用拡大も進展。ガンに対する抗体医薬がほぼ提供され、テーラーメイド型抗体治療が開始される。(:個々人のガンの状態に合わせた抗体を処方できる)RNAiの薬剤として使用が開始される。DDS利用の抗体医薬(※)が上市される。(※:抗体そのものをDDSを利用して組織へ集中させる。)パーキンソン・アルツハイマーに対する抗体療法が行われている。抗体医薬の低分子化細胞内分子を標的とする抗体が創製される。導入効率が良く、毒性が低いベクターが遺伝子治療に利用できるようになる。siRNAのサイレシング機能を薬剤に利用タンパク修飾技術やDDS利用の第2世代タンパク医薬への置換えが進むプロテオーム情報に基づく新たなタイプのタンパク医薬が作られる。バイオジェネリック(後発品)の上市人工的グリコサミノグリカン医薬品特定の目的に応じて自在に細胞を制御できる技術が確立(人口膵島)遺伝子を改変した細胞を用いた治療が始まる。体外で分化させた細胞を用いた治療法が始まる。生体防御機構の誘導を自在にコントロールできるワクチン免疫機能を増強制御する薬剤・方法が開発される。細胞性免疫を誘導するワクチン開発(臨床試験開始)パーキンソン・アルツハイマーに対するワクチン療法が行われている。QOLの向上最適な治療の選択予防・早期診断利用の高度化ガンにおける分子標的薬の増加診断場所標準化の推進検査対象診断情報をフィードバックし、医療情報と連携を図る診断手法の標準化検査対象マーカーのバリデーションによるEBD(科学的根拠に基づいた診断)が本格化疾患メカニズム解析の進展により、罹患リスク診断に有効な“リスク診断マーカー”の開発が進展医薬品と診断薬の同時開発により、薬剤選択に有効な“薬剤応答性マーカー”の開発早期診断、確定診断に有効な“疾患診断マーカー(遺伝情報、タンパク、糖鎖情報等)”の開発集学的診断法の樹立による疾患の特定精度と信頼性の向上遺伝的なリスクと生活習慣の相関解析の進展により、日々の健康管理に有効な“健康モニターマーカー”の開発が進展特定の疾患ごとに診断単剤ごとの“薬剤応答性マーカー”1つの薬剤応答性マーカーで複数の薬剤選択が可能なマルチマーカーの開発が進展遺伝情報に基づく薬剤投与前の副作用リスク・薬剤有効性の判定が普及個別化医療への応用マルチマーカーの利用により、複数の疾患を同時に診断可能バイオマーカーの統合的利用・様々なバイオマーカーの組み合わせ利用・シミュレーションによる治療プロセスの医師と患者での共有化・臨床インフォマティクスの充実個人の時系列データの解析による基準値設定・検体の採取・保存・管理方法・マーカー抽出方法・機器・試薬による新規測定方法・データ処理・分子標的薬に対応したマーカー数はほとんどない(現在10:グリベック、イレッサ、リツキサン、ハーセプチン等)検査センターがん治療薬の5割に分子標的薬が登場し、マーカーの需要性が増すがん治療薬の9割に分子標的薬が登場し、マーカーの需要性が増す患者のそば(POCT)生活の場で、自分でモニター・出生時に読みとったジェノタイプ情報をカード・体内埋め込みタグ化。埋め込みセンサーで適宜計測する個人の変化情報と合せた健康管理・家庭での精度の高い簡易検査及びモニタリング・タイムラグの短縮→迅速診断、迅速治療個体機能細胞・臓器機能分子機能