file fig79-20.gda
elems [271]
vmap [([2,'',1.0],[0,0.0]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'例',1.000000],[228,3.639057]),([1,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2006

シリコン系化合物半導体その他結晶シリコン単結晶シリコン多結晶シリコンアモルファス(非晶質)シリコン???族化合物半導体???族化合物半導体カルコバイライト系半導体(CIS系、CIGS系)有機半導体色素増感型(湿式)大きな結晶から薄板を切り出して使用する。変換効率は高いが、製造コストも高い。セルが一つの結晶ではなく、複数の結晶粒に分かれているもの。単結晶より変換効率は低いが、安価に製造できる。製造方法が比較的容易であり、大面積化に適している。薄膜として利用されている。高効率で放射線耐性が優れているため、宇宙用太陽電池として実用化実現されている。多接合セルの場合、さらに高効率化が実現している。(GaAs、InP等)多結晶薄膜型のセルは製造コストが低いため、第2世代太陽電池として実用化が始まっている。(CdTe/CdS、Cu2S/CdS等光吸収係数が大きいため、薄膜型に適している。小規模であるが、実証試験も行われている。(CuInSe2、CuIn1?xGaxSe2、CuInS2等)軽量で低コストではあるが、変換効率は低い。増感剤(色素)の光励起状態の電子移動反応を利用したものであり、光触媒作用のある酸化チタン(TiO2)と色素を組み合わせて積層した構造となっている。分類特徴<参考>変換効率実用レベル研究レベル~18%~25%~16%~20%12%~18%22%~37%~17%~19%~14%~5%~11%???太陽電池の分類および特徴世界における太陽光発電のポテンシャル推定北アメリカ西ヨーロッパ日本オセアニア計画経済アジアその他アジア中東・北アフリカサハラ以南アフリカラテンアメリカ旧ソ連・東欧世界合計地域・国利用可能面積(km2)平均日射量(kWh/m2/年)発電可能量(TWh/年)<参考>2000年電力需要(TWh/年)7,4903,32586577,70081,20013,600303,200255,35042,60030,000815,3302,2501,3501,6002,0001,6502,1002,7002,4751,6501,600**?2,52867320823,31020,0974,284122,79694,70910,5447,200286,438北アメリカ西ヨーロッパ日本オセアニア計経済アジアその他アジア***中東・北アフリカサハラ以南アフリカラテンアメリカ旧ソ連・東欧世界計4,1232,7009682071,0811,2063793486261,02812,664我が国における太陽光発電設備の潜在普及規模物理的限界潜在量住宅用公共施設用計6,7505507,3004822010年度目標値(単位:万kW)転?19