file fig79-3.gda
elems [163]
vmap [([2,'',1.0],[0,0.0]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'例',1.000000],[127,3.639057]),([1,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2006

転換2000203020502100需要端での全エネルギー需要(最大ケース)ケースA:化石資源+二酸化炭素回収・隔離(COS)利用ケース電化・水素化率ケースB:ケースC:電化・水素化率電化・水素化率1倍1倍1倍1倍1.5倍2倍3倍2倍2.1倍4倍4倍3倍約8兆kWh約8兆kWh需要分野の省エネ0.3倍約2兆kWhCO2原単位370g?CO2/kWh(1倍)270g?CO2/kWh(2/3倍)120g?CO2/kWh(1/3倍)0kg?CO2/kWh※各ケースの発電量は、需要端での全エネルギー需要×電化水素化率(ケースCでは、需要分野の省エネを掛け合わせる))2100年のケースA:2000年の発電量約1兆kWh×2.1倍×4倍=約8兆kWh転?原子力利用ケース省エネ+再生可能エネルギー利用ケース