file fig97-3.gda
elems [304]
vmap [([2,'応用',1.000000],[270,3.079442]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2006

2.楽しく安らげる暮らし2030年には高齢者世帯が4割を超え、高齢者自身やその家族が安心して暮らせる事が重要である。また、家庭内では、利便性の向上のために高度に機械化・情報化が進むため、住宅の設備機器には益々安全会的な人間への親和が重要となる。さらに、快適性や楽しみの更なる向上に向け人間の五感や生理の研究・活用が進む。一方で、身体機能に不安がある方の日常生活支援、少子化の抑制に向けた育児・家事支援、快適性を維持向上させながらの省エネなどは緊急かつ永続的な課題である。達成するための技術・人に親和したエンターテイメント技術・人間特性を活用した快適環境創出技術・日常生活の行動・生理を見守る技術将来のゴール・五感で楽しみ快適な空間でくつろげる・省エネ視ながらでも快適に暮らせる・家族みんなが安心して暮らせる背景となる社会環境の変化:?人口構成の変化、?出生数と合計特殊出生率、?世帯数の変化、?健康寿命?地球温暖化への対応ロードマップ2030202020102005人に親和したエンターテイメント技術五感で楽しみ会的な空間でくつろげる』新たな楽しみの実現ロボット技術の進展子どもの成長など人の生活を支援するヒューマノイドロボット技術人を楽しませるヒューマノイドロボット技術安全性向上のために人を模擬し行動予測が容易なヒューマノイドロボット技術人に親和した柔らかい機構を持つロボット技術次世代VR技術(3次元投影)人とのコミュニケーション(対話・会話)ロボット技術人との共存に向けたロボットの安全指標の調査高臨場感を演出するVR技術VRを利用した都市景観・生活空間を再現する技術VRの生体への影響の調査感覚の計測・評価技術製品の肌触り・質感の計測・評価五感で感じる快適空間創出技術(感覚刺激の組み合わせ)他分野への応用新技術(ロボット及び次世代VRなど)の安全性・社会性影響度の調査次世代VR技術(実際に触っているように感じられる技術)