file figother_life_page32.gda
elems [249, 247]
vmap [([2,'応用',1.000000],[227,2.791759]),([0,'MEMS',1.000000],[225,3.772589]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2007

(参考)医療ニーズ実現のための消化管における内視鏡の活用拡大簡単な一体的な検査による発現デバイス(内視鏡自体)の多機能化システムの(内視鏡と他の機器との)複合検診用カプセル内視鏡による、簡易で一体的な検査・カプセル内視鏡の普及が進み、分子チップを搭載したカプセル内視鏡で、検診段階で消化器官全体(上部?下部)を観察し、患部もしくは患部となる可能性のある箇所を発言するオンサインでの深達度、質的な診断機能の高度化簡易でありながら、確定診断が可能な検査体腔外診断機器(MRI,超音波)と体腔診断機器(内視鏡)の情報の融合臓器、患部、機器それぞれの位置情報の充実によるユーザビリティの向上小腸など、届きにくい部位に対してmカプセル内視鏡により検査し、合わせて超音波による深達度診断、生体組織採取等による質的診断を実施する内視鏡に患部の質的情報を得る機能を搭載・分析用ツール、光分析機器を搭載した内視鏡で、患部もしくは患部となる可能性のある箇所について、質的な情報を取得する・MRI,超音波など体腔外からの画像診断機器を組み合わせ、内視鏡自身の位置位置を追従し、(呼吸,蠕動等による規則的な消化管の働きを予測しつつ)、連増敵に位置を把握する。・MRI,超音波など体腔外からの画像診断情報と内視鏡の局所の画像情報を組み合わせ、患部を特定する。オンサイトでの診断・治療の一体化治療効果のモニタリング・MRI、超音波など体腔外からの画像診断情報と内視鏡の局所の画像情報を組み合わせ、内視鏡治療の効果をモニタリングーする。確定診断における機器、技術を活用する。内視鏡に収束超音波、光技術などの治療機能を搭載内視鏡の治療機能の拡大カプセル内視鏡の治療機能の多様化カプセル内視鏡にMEMS技術等を応用し、薬剤放出、PDT等による治療用デバイスを搭載