file figother_yuugou_page21.gda
elems [98, 139]
vmap [([2,'',1.0],[0,0.0]),([0,'MEMS',1.000000],[79,3.772589]),([3,'例',1.000000],[109,4.044522]),([1,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2007

機能1を実現する要素技術及び融合の方向性新しい技術の研究ターゲット(技術の構造ダイヤグラム)1細胞計測技術ビジネス社会システムへの実装○超少量サンプリング○整備なセンシング(物理量/生化学)○キャリプレーション可能なシステム低侵襲性能情報センサ(自己意識せずモニター)融合[固体識別/バイオマーカー]体内埋込センサ(体内エネルギーの利用)基盤技術分密データからの疾病メカニズムの研究(生化学)たのありふれた生態情報と健康状態の関係の研究免疫系と細胞(血球等)の反応メカニズムの研究NT/MEMSBT(細胞関係)DBIT/脳科学病歴(サービスサイエンス)バイオミミクリー生体の活躍メカニズム研究総合判断データの継続監視(履歴)行動モニタリング(事例)議論の一として「低侵襲生体情報センサ」を取り上げ、BT系、NT系、IT系の技術融合ポイントを整理し、さらに機能1を実現する要素技術を体系的に整理しました機能1:自分で意識しなくとも自分の心身の状態が様々な生体情報によってモニターされるIT