file figrm_nano1_page63.gda
elems [427, 226]
vmap [([2,'応用',1.000000],[356,2.791759]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'例',1.000000],[181,4.044522]),([1,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2007

再生医療分類解決すべき課題ナノテクノロジー分野のロードマップ(03バイオ・医療_ナノバイオ(再生医療))研究開発課題技術の概要と到達目標2007200820092010201120122014201320152016201720182019202020212022202320242025202620272028202920302030年以降備考寄与するナノテクノロジーリアルタイムナノイメージング(「生体内における微細血管再生」を含む)細胞操作、末梢神経刺激、毛細血管縫合等の超微細領域をin?situかつ高解像度で観察するための技術を開発する。[「ステントの適用が困難な微細血管の閉塞や拡張に対して、生体内機能を刺激・活性化して血管再生を促進する。」ことを含む。]4.再生医療共通基盤(続き)生体と親知性のあるナノ材料の開発長期生体適合性材料の開発体内にあって、生体に吸収されることなく、また、生体に対して物質を放出することなく長期に安定して生体に適合する材料を開発する。デバイス表面へのナノ修飾による抗血栓膜・油膜防止膜の開発ナノカーボン等を用いた微小光源の開発微小蛍光観察デバイスの開発3次元立体視・主ミレータ技術の開発〇血管再生分化機序の解明と制御〇開発(人工関節、 人工血管))  (*4)〇開発課題体制幹細胞あるいは血管前駆細胞からの血管内皮細胞分化制御技術開発(*2)種々血管内皮前駆細胞の同定血管内皮前駆細胞野増殖技術開発高効率細胞移植治療技術の開発微細血管の画像解析技術の開発長期間摩耗を起こさないポリマー、セラミック開発摩擦摩耗特定にすぐれた半永久的関節面(摺動面)開発前臨床試験/動物実験と最適化臨床試験開発前臨床試験/動物実験と最適化前臨床試験/動物実験と最適化臨床試験開発骨と結合する金属あるいはセラミック表面のナノ加工技術長期間劣化を起こさない人工血管材料開発長期に利用する高血栓材料表面開発技術移植部既存血管との安定結合長期間安定なナノ材料表面の開発安定なナノ材料表面の細胞・組織親知性の開発移植周囲組織と結合(統合)出来うる安定なナノ材料表面開発ナノ手術、ナノ・インタベンション技術として統合DDS安定なナノ材料表面ナノ加工、ナノ表面加工、ナノ材料ナノ観察・シュミレータ機能付手術装置の開発現在の人工関節の寿命は約10~15年とされているが、50年は待つ人工関節を目指す。すなわち30代の患者にも応用できうる関節を目指す。種々の薬剤やサイトカインによる血管新生技術の開発も進められるが、このような薬物のみの治療とことなり、細胞を用いた治療あるいは細胞へ直接働きかける因子と細胞による治療の発展が期待される。