file figtm_nano1_page58.gda
elems [573, 392]
vmap [([2,'応用',1.000000],[516,2.791759]),([0,'MEMS',1.000000],[353,7.545177]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2007

ナノテクノロジー分野の技術マップ(03バイオ・医療_ナノバイオ(再生医療))再生医療分類解決すべき課題内容(医療からみた要求仕様)関連する技術の名称※1寄与するナノテクノロジー※2評価指標各評価項目の内容は脚注参照A.医療現場における必要性B.医療への貢献度C.ナノテクノロジーの寄与度4.再生医療共通基盤(続き)4-6細胞一個を操作のターゲットとする技術4-7細胞内タンパク導入4-8目的タンパクのアッセイ4-91分子1分子のナノ配列4-10生体情報のモニタリング4-11既存デバイスの高機能化4-12再生医療のためのナノイメージング(評価計測)4-13安全確保のための環境分析技術(評価計測)・ナノレベルの先端・細胞へのダメージのない操作・ミクロンの精度の操作・絶対安全性、絶対再現性・cellsurgery(nanosurgery)・ナノシリンジの開発・ナノレベルを制御できる・ダメージのない生細胞への導入・高効率化・絶対安全性、絶対再現性・ナノシリンジ、カンチレバーの開発・ナノレベルを制御できる制御できる・オーダーメード医療、個々人の情報伝達・発現情報の解析、高効率なプローブ・ppb、ppm、ナノ単位の情報・低侵襲、非侵襲・多項目測定・常時計測・モバイル・ウェラブル・ナノ単位の制御・患者体内における移植細胞・組織のトレースのための患者に副作用を生じないイメージング・高感度、高再現性、発現情報の解析、高効率なプローブ・AFM、ナノ単位の計測・低侵襲、非侵襲・細胞培養過程において細菌、真菌、マイコプラズマ、ウイルス、プリオン等の瞬時(数分内)の測定・培養環境における清浄度およびコンタミネーションの装置の小型化・遺伝子増幅、バイオチップ、チップによるパーティクル計測(CPC作業に関わる清浄度計測)・ナノ加工技術を利用した種々コンタミネーションの単一デバイスでの計測・バイオイメージング技術・PET、MRI、蛍光分析、・ナノ計測技術・細胞内イメージング、分子イメージング・抗体、標識プローブ・表面プラズモン共鳴、insituでのナノイメージング、ナノテクマーカー・ナノ計測、insituでのナノイメージング・診断キット、簡易計測、装置小型化・ナノ構造制御技術・ナノ材料、ナノ加工・DNAチップ、プロテインチップ、MEMS、実装技術、PET、MRI、抗体、プローブ・ppb、ナノ単位情報キャチ技術・ナノカプセル、ナノ計測、・ナノ情報・ナノ径を有するシリンジの開発・ナノ構造制御技術・細胞配置技術・Protein-basedNanostructure技術・ナノワイヤ、ナノマシン・ナノスケール・細胞プリント微細化・ナノ操作・自己組織化、ナノ気孔、ナノ粒子・PET、MRI、抗体、プローブ・DNAチップ、プロテインチップ、MEMS、実装技術、ナノ操作・ナノワイヤ、ナノマシン・ナノ操作・ナノ径を有するシリンジの開発・カンチレバー技術・フィブロネクチンの自己会合ドメインとEGFのキメラタンパク・細胞操作技術・ナノレベルの操作技術・ナノ加工、ナノ・プローブ、ナノ・マニピュレーター、ナノ操作<評価指標>A.医療現場における必要性B.医療への貢献度C.ナノテクノロジーの寄与度D.技術的優位性E.基盤性・汎用性F.市場性・経済性G.社会適合性上記区分に共通して必要となる再生医療の技術。再生医療のための評価計測技術を含む。経済性や市場性とは別に(経済性、市場性はFとして別に設定しました)人の生命、QOL,尊厳を守る等、医療倫理上の観点から重要なもの医療のニーズに直接的に寄与するもの。副次的でないもの。実用化へ向けて、現存するボトルネックを解消するもの実用化のために、ナノテクノロジーが重要な役割を果たすことが期待されるもの国内外の、競合技術、競合材料に対して優位性が大きいもの直接対象とする課題の解決のみならず、広範な応用に対する基盤技術となり得るもの製品サービスの市場規模が大きい、他の技術を代替することにより全体として経済的に効率化される。国民の負担を軽減するもの日本、または世界が直面するであろう社会的な変化に対応するもの(少子高齢化、長寿化等)○D.技術的優位性E.基盤性・汎用性F.市場性・経済性G.社会適合性◎△◎◎○○◎○△○○○○○○○○○○○○○○○○○○◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎