file figother_manu5_page20.gda
elems [11, 69, 54]
vmap [([2,'応用',1.000000],[9,5.583519]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'例',1.000000],[64,8.089045]),([1,'技術',1.000000],[49,5.000000])]
doc_set 2007

【技術】・広い反応系の構築・システム化・共通基盤技術の応用への展開(工学的要素をとりいれた学際的研究要素の必要性)【製品群】・より複雑な化合物の製造・バイオリファイナリーによるマス製品の製造【ターゲットの増加】・ニーズの明示化【原料確保】今後必要な要素日本の現状●日本が優位な状況【技術】・探索技術(ルート設計)・汎用宿主の構築・基本反応系の構築【製品化実績】・多数のバイオプロセス成功(食品・機能性化学品・医薬品中間体)・新規機能品開発・近年は医薬品中心●海外が優位な状況・原料保有・化学とバイオの融合(精製等)バイオプロセスの現状ニーズの探索がポイント開発物質が決定されれば、  半分は成功と言える程度の技術は保有。) →日米欧共通の悩み・基本的には水系での反応・反応系構築までに時間が かかる例:1,3-PDO約15年間)・成功事例は、化学法と比較し環境面で優位である(CO2排出量等)、との証明あり・反応の種類は、限定主な必要研究項目・原料確保に関わる研究・広範囲な反応系の構築各種反応場制御方法の構築工学的要素)  反応の種類の増加微生物の探索)・共通基盤の応用への展開汎用宿主収集された微生物の機能の明確化各種先端技術の活用微生物による物質生産WG討議内容日本におけるバイオプロセスに関わる政策日本におけるバイオプロセス開発技術●方針決定力●各種優遇政策による誘導参考資料3