file figtm_envi5_page111.gda
elems [721, 19, 16]
vmap [([2,'応用',1.000000],[675,2.791759]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'例',1.000000],[14,8.089045]),([1,'技術',1.000000],[11,28.000000])]
doc_set 2007

省エネ型情報生活空間創生技術(民生分野)の技術マップ重点技術課題施策の方向対応技術・システム()課題目的怏適で効率的な生活・業務環境の実現機器・設備の省エネ顕物・生活環境の省エネエネルギー供給(他分野関連)・高効率ヒートポンプ・次世代省エネ型ディスプレイ・情報家電・次世代高速通信・次世代蓄電・蓄熱技術・次世代高効率照明・介護・自立支援システム・主宅・ビル躯体の省エネ(負荷低減)・クラスター型エネルギーマネージメントシステム・社会システム技術・都市エネルギーネットワークシステム(分散型エネルギー等と需要側熱電比のマッチング)・高効率熱電併給システム技術次世代省エネ型ディスプレイ技術、および関連技術の開発。大容量・高速通信を低消費電力で実現するための通信装置、ネットワーク関連技術等の開発。自然エネルギー活用も含めた主宅・ビル躯体(構造体、窓、断熱・遮熱材等)の省エネ技術開発。都市全体の構成や運用などの改善によるエネルギー消費の低減技術開発。・環境調和省エネ都市プラン・モーダルシフト・電気(マイクログリッド)・熱(オンライン、オフライン)・燃料(水素)・温熱、冷熱貯蔵システム・電力貯蔵・分散型直流配電・利用システム・高度断熱・遮熱材(例:主宅用真空断熱材)・高機能蜜(採光、断熱、遮熱、スマートウィンドウ)・高機能レイウト(人/物の移動量消減等)・木材活用型低環境負荷建物等構造技術・革新的構造材料を利用した新構造システム建築物・屋内空気質改善技術・主宅・ビル・地域等での人の好みや行動パターンも考慮した最適省エネ運用制御(HEMS,BEMS、CEMS等)・HEMS/BEMSと地域こジェネ、自然エネルギー・再生エネルギー利用との有機的連携・ゾ?ソ・タスクアンビエント空調・照明・ユビキタス・センサ・ネットワーク・BA/FA統合プラットフォーム技術・予測・評価手法(CAPD等)・介護・自立支援ロボット・機器・動力系(モータ等)・センサ・k=情報系・ホームエレベータ・排熱回収システム・蓄電・築熱システム(蓄電・築熱材料含む)・全熱交換システム・LED光源、有機EL光源・照明器具(高反射性、配洸性、デザイイン性)・省エネ高演色性光源技術(自色LED/EL)・蛍光材料、築光材料の開発・クラスター発光光源、マイクロキャビティー光源・照明制御、ゾ一ソ・タスクアンビエント・昼光・蓄光ハイブリッド・ヒートポンプ高効率圧縮機・次世代ヒートポンプ空調機・多量効用吸収式冷温水器・高効率CO?ヒートポンプ給湯器・HPシステムを利用した衣類乾燥機・高機能化システムディスプレイ・高効率有機デバイス、高分子有機EL・省エネPDP,省エネLCD・機器のエネルギー消費効率向上技術・HEMS等の要素としての高度情報化対応技術・デジタル情報機器相互運用基盤開発・半導体レーザの開発・光通信用合波回路機能光源モジュール・フォトニックネットワーク技術・次世代高速通信機器技術・超電導ネットワークデバイス・ガスタービンコージェネ・ガスエンジンコージェネ・燃料電池コージェネ・都市普及型高効率ガスエンジンエネルギー利用効率化ならびにCO?排出負荷を大幅に低減させるため、家庭用コージェネシステムや数MW級の発電システムなどの高効率化技術、排熱有効利用技術、コジェネ出力を都市部などで面的に利用する技術の開発。街区等における熱利用・熱搬送の高効率化・低コスト化に係るインフラのシステム化技術、分散型電源を組み合わせた高効率熱電併給システム技術、工場排熱等の利用技術の開発。主宅・ビル等への高効率な冷暖房・給湯・調理・照明等の効果的な組込み、及び当該技術の効果把握、人の好みや行動パターンを用いた省エネ、予測手法や総合的な環境予測手法などの開発。さらにバランスがとれた効率的な運用のため、最適化する範囲を柔軟に拡大・縮小する技術や、従来は別々に開発されてきたHEMS,BEMSおよび地域コージェネシステムなどが有機的に連携する仕組みづくりの技術開発など。現在の蛍光灯を上回る発光効率を可能とする光源・機器とその製造技術、および白熱電球に代わる省エネ高演色性光源技術の開発。具体的には、白色LED、白色EL,蛍光灯の高効率化技術と製造方法、クラスター発光光源、マイクロキャビティー光源等新技術の開発。今後急増する介護・自立支援ロボットや、歩行支援機器、家庭用エレベータ等の省電力化技術や、新たに必要となるセンサや情報制御系の省エネ技術開発住宅・ビルの換気・生活排水などから排出される熱エネルギーを回収・蓄熱して利用する技術の開発。エネルギー蓄積密度が高く、安全で使いやすく、しかも充放電(熱)効率の高い蓄電材料、蓄熱材料およびシステムの開発。CO?ヒートポンプ給湯器など自然冷媒を使用するヒートポンプ技術の小型・高性能化技術、及び冷温水器、空調機、乾燥機など、応用機器の技術開発。住宅・建築物から極力エネルギーを外に出さない技術の開発など。空調、照明、ディスプレイ技術、通信機器等の情報家電そのものの省エネ化を進めるとともに、これらをネットワーク化して更なる省エネをはじめとする付加価値を与える技術の開発。