file other_tyuugou_page5.gda
elems [61, 14, 453]
vmap [([2,'応用',1.000000],[30,2.791759]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'例',1.000000],[9,4.044522]),([1,'技術',1.000000],[222,9.000000])]
doc_set 2007

<参考2:デルファイ調査「保険・医療・福祉」分野の>  個別医療(ゲノム情報などを活用して、患者毎に最適な治療分野と治療方法を選択)  QOL向上を目指した生体機能回復およびその支援ITの医療への応用人中心の医療と療養支援システムの構築等(3) 範囲設定検討の範囲を設定します。ポイント) 設定された課題も最初は抽象的なものから始めて、議論をしながら徐々に焦点を絞ってゆくことになります。議論の過程では、公私も含めて様々なコメントやアイデアが出てきます。ただ、一定の議論が一通り済んだあたりで、先に議論を進めるためにも検討の範囲を一度絞り込むことが大切です。(事例) 検討会では、以下のとおり設定しました。対象: ヒトキーワード: 遺伝的、生活、高齢者、認識、こころ留意点: 顕在化する度合い、緊急度、アシストが必要か要望1: 豊かで充実した生活を送りながら(仕事、食事等)技術のアシストによって生活習慣病を予防要望2: 変わらずに動き続ける、終生現役(肉体的なアシスト) 要望3: 自然食療法、薬より生活習慣の転換(消費カロリー>摂取カロリー) 要望4: 正しい情報を無償で提供(指標が不明確) (4) 体制設定議論に向けて整える体制は以下の通りとすることを推奨します(図2参照) 。異分野技術の融合を進めるためには、異分野技術の専門家(コアシーズリサーチャー)複数人に参加してもらうことが必要になります。テーマコーディネータ検討会の進行役ニュービジネスファシリテータ将来の市場、技術、社会のニーズを見据え、新たなコンセプトを議論の場に提示技術融合ファシリテータ融合領域の研究における過去の成功体験を基に、技術の目利きと、コンセプトと技術シーズのマッチングをサポートコアシーズリサーチャー専門研究分野の出口を議論の場に提示し、関連技術を洗い出すアドバイザ技術ロードマップ作成手法を助言