file figrm_manu7_page19.gda
elems [284, 274]
vmap [([4,'',1.0],[0,0.0]),([0,'人',1.000000],[256,6.605170]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'機械',1.000000],[246,3.639057]),([2,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2007

4.安全・安心で働きがいのある環境背景となる社会環境の変化:?人口構成の変化、?出生数と合計特殊出生率、?労働力人口の変化、?健康寿命、?事故とその原因、?地球温暖化への対応将来のゴール・年齢・性別・言語に関係なく共同して働ける・安全・安心に心身へのストレスなく働ける・少ない労働力でも高い労働生産を実現する達成するための技術・誰でも自由に仕事ができる環境の整備・安全・安心を向上させる技術・労働負荷を軽減する技術ロードマップ20052007誰でも自由に仕事ができる環境の整備『年齢・性別・言語に関係なく共同して働ける』労働人口の減少(団塊の世代が60歳を迎える)2010高齢者・女性のさらなる労働参加ニーズの高まり作業に必要な体力・筋力を補助する技術作業に必要な身体機能を補助する技術作業者の順応力・適応力を鍛える作業ロボットの協調技術作業環境のユニバーサルデザインの評価サイン、サイレン、記号のユニバーサルデザイン在宅作業でも集中力を高める技術高齢者・障害者向け作業機器の使いやすさの向上技術表示の大きさ・色、音などが高齢者に適した作業機器の開発UDの推進(国際的な会議の開催(2006年)、UD製品の自治体・企業での積極購入の推進)人間生活技術の性能表示に向け関連法令(薬事法、不当景品類及び不当表示防止法など)上の整理働きたい人誰もが働ける環境の実現作業に必要な身体機能を代替する技術VRを活用したユニバーサルコミュニケーションの実現20202030働く環境では、現在・将来にわたり際限がなく安全性の向上が求められ、事故防止・事故被害軽減に向けた取組が緊急かつ永続的に重要な課題である。そして、団塊世代が定年を迎え産業労働人口は減少するにつれ、高度な機械化・情報化の進展、体力・筋力、言語などが異なる様々なの共同作業、少人数での作業など労働環境は大きく変化し労働者の心身へのストレスは増大し、ストレス軽減に向けた取組が必須となる。また、仕事と育児・家事・介護との両立を目指し、どこでも仕事ができる環境の創出に向けた取組も重要である。