file figrm_nano1_page99.gda
elems [422, 264, 344]
vmap [([4,'',1.0],[0,0.0]),([0,'人',1.000000],[354,3.302585]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'機械',1.000000],[213,3.639057]),([2,'連携',1.000000],[280,5.583519])]
doc_set 2007

ロボットロボット用センサー・デバイス感覚統合センサ多様性、高度な処理能力、柔軟性を持つセンサの開発。・生物学的知見、自己組織化手法を用いた製造プロセスの開発。・ニューラルネットワークによる高速化、高度化。アクチュエータソフトアクチュエータ材料基盤製造技術及び評価計測技術プロセス技術自己組織化極性・波長制御>角度制御>原点制御等の技術を可能にする手法を数理科学的に検討し、実践する。自己集積と散逸構造理論の融合。分子素子間の相互作用、協同現象の解析とその解消、あるいはその利用。反応拡散理論による。動作原理伸縮特性向上(伸縮力、伸縮率、スピード)耐久性向上制御技術確立スマート化実施時間実施時間(新産業創造戦略の出口)(出口製品・部品名称)出口に貢献するナノ材料・ナノ材料製造技術の名称)左記材料、技術の実用化に向けた研究開発課題(複数項目)2006200920082012200720112010201420132019201820172016201520262025202420222023202120202028202720292030ナノテクノロジー分野のロードマップ(04共通基盤_01ナノ加工_自己組織化)単機能実証小型触覚・視覚・聴覚・嗅覚・味覚センサの開発「自己組織化手法の一部利用)生体学的知見などを自己組織的手法に応用触覚・視覚・聴覚・嗅覚・味覚センサの自己組織化集積による多機能センサの開発・ネットワーク化技術の開発、シームレスなセンシング技術の開発センサ・外皮ハイブリッド技術の開発プログラム自己組織化のセンサへの応用生体機械インターフェイス界面への自己組織化技術の開発、インターフェイスの標準化等身大内骨格ソフトロボット小型ロボット用アクチュエータ伸縮特性向上分子認識に基づいた超分子構造の実現生体分子の自己集合活用の実現基盤へのポジショニング(~10nm)の実現信頼性向上スマート化基板への高度なポジショニング(~1nm)実現高次階層構造の自己組織化技術機能干渉(ジャミング)の理論的解析(集積度限界の予測)トップダウン・ボトムアップ連携(境界条件・外力によるパターン制御)数理科学との連携(単成分の周期的配列単成分の多周期的配列多成分の多周期的配列時間制御を含む多成分周期配列3次元多周期構造の自己組織化) 分子設計・合成技術の高度化生体分子とのハイプリッドを含む)スイッチング機能の自己組織化(時空間の高度な制御)多機能センサ群(超小型、多機能、ネットワークによる認識能力向上)質感収得、危険予知、活動領域のシームレス化多機能・ニュ?ラルネットワークセンサ(音声認識、の意図の推定、人工知能、電子鼻等)等身大ロボット/パワーアシストスーツ、義肢実施時間実施時間実施時間実施時間実施時間実施時間実施時間多機能化の実現実施時間実施時間実施時間