file figsn_envi5_page163.gda
elems [239, 486]
vmap [([4,'',1.0],[0,0.0]),([0,'人',1.000000],[202,3.302585]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'',1.0],[0,0.0]),([2,'連携',1.000000],[417,2.791759])]
doc_set 2007

石炭ガス化燃料電池複合発電技術(IGFC)石炭火力発電導入段階研究開発段階石炭火力発電技術(ガス化)石炭ガス化複合発電(IGCC)バイオマスー石炭ハイブリッド発電技術次世代高効率ガス化複合発電(A-IGCC/A-IGFC等)超々臨界圧発電導入普及促進策環境整備関連地策の取り組み研究開発及び導入石炭のクリーソ利用技術石炭部分水系化熱分解技術(ECOPRO)産業用石炭利用技術高効率系製造技術石炭ガス化コブロダクション自然エネルギー付加した石炭ガス化技術低品位炭改質技術(UBC)技術の目的わが国を取り巻く状況石炭開発ー利用技術分野の導入シナリオ政策的枠組み2006(1)産炭国との総合的な関係強化を図り、石炭燃料安定供給確保のために、供給安定性に優れた石炭の高効率流すか技術や新たな用途開発につながる改質技術などの開発に重点的にとりくむ。(2)わが国の関連技術をアジア地域に普及し、アジア国の広域的な環境問題の解決に貢献するため、クリーソコーるテクノジーやCO2の回収ー貯留技術の技術開発を推進し、石炭のクリーソー有効利用を図る。201020202030長期的資源制約に対する意識の高まり標準化ー規格化総合的な石炭データベースの構築(せきたん乗せ気質特性や反応性などの基盤技術も含む)環境汚染物質に含まれる微量元素分析技術の標準化クリーソコールテニコジー開発により、新たに生成する産業副産物を活用するための規格などの整備財育成国内企業や大学などにおける長期的、継続的な石炭関連技術者の育成と専門家の技術交流による相互人材育成エネルギー環境技術移転のためのコーデイネーター育成国際社会との協調国民への普及PR法整備CO2回収ー貯留に係る法律などの整備石炭開発技術将来わけ組ポスト京都(2013~)京都議定書第一約束期間(~2012)新?国家エネルギー戦路アジアを中心とした世界的エネルギー需要の急増産炭国の置ける資源の国家管理強化石炭ー重質油等化石資源ベースの代賛天熱ガス(SNG)技術開発低品位炭体化技術石炭付加バイオマス燃料製造技術(凡例)次世代石炭粉砕技術低品位炭燃焼技術低品位炭からの粘結材?発電ようねんりょう(ハイパーコール)製造技術石炭液化技術無触媒石炭乾留ガス改質技術(COG改質技術)コークス炉ガスの有用利用技術環境負荷低減技術石炭利用CO2回収型水素製造技術(HYPR-RING)CO2炭層固定化技術(ECBM)微粉炭火力排ガスからのCO2回収技術微粉炭酸素燃焼技術(OXY-FUEL)石炭ガス化からのCO2回収環境負荷物資の低減ー活用技術わが国の優れたクリーソコールテクノロジーを、知的財産権保護やスキーム活用を考慮しながら、アジア地域に普及アジア産炭国や消費国との二国間政策対話や技術面?制度面を含む包括的な対話の実地海外の研究拠点との連携強化ー共同研究などの推進と補助金活用の共同研究に対するスキームの弾力的運用石炭の生産ー保安ー利用技術等に対する研修生受け入れや専門家派遣、石炭液化に関するデータの取得ー分析等を辻田わが国の石炭技術の普及革新的非平衡プラズマーラジカル系を用いる高効率石炭運間技術石炭ベース直接還元製鉄法製鉄プロセス等からのCO2回収ー固定石炭開発技術石炭高度選炭技術石炭資源高度総合平価高度化技術石炭高度生産技術石炭地下ガス化技術(UCG)補助ー税制優遇導入初期段階における設備費補助、定理優遇措置等による支援官民ー体となった石炭の資源確保ー利用ー安全確保ー環境性等に関する地元住民やこくっみんへの公聴ー広報活動学校や地域教育の場へ石炭の専門家を講師派遣、教材ー情報提供、施設見学会への公聴ー広報活動CO2貯留に関する社会的な認知ー合意形成のための支援研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階研究開発段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階導入段階