file figsn_life_page12.gda
elems [14, 173]
vmap [([4,'',1.0],[0,0.0]),([0,'人',1.000000],[12,3.302585]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'',1.0],[0,0.0]),([2,'連携',1.000000],[157,2.791759])]
doc_set 2007

健康維持増進~「疾患を予防する」こと幅広く行われ、病気になるが減ると共に、健康産業が拡大される。~疾患の早期診断~疾患の早期診断により、早期段階での治療を行い、より早く回復すると共に衣料費増大が抑制可能となる~適切な治療法の提供~治療がより低侵襲になり回復が早くなると共に、患者の病状や個人差に基づき適切な治療法が選択できるようになり、治療法効果の向上、QOLの向上が図られる~がん患者5年生存率41%60%(20%向上*1)<生活習慣病関連>・糖尿病・脳卒中・心疾患・発生率の20%改善*1・死亡率の25%改善*1・死亡率の25%改善*1*1健康フロンティア戦略(2005年ー2014年)による。今後、新健康フロンティア戦略の結論を踏まえ、追加・修正予定再生医療皮膚や骨等の組織の再生が可能に心筋や血管等の再生が可能に肝臓等臓器の機能の再生が可能に健康産業の拡大創薬開発プロセスの分業化の進展健康管理と医療の連携による健康サービス産業の創出創薬パンチャーの増加偉業種参入の進展産業変化国際競争力強化*2*2:「経済成長戦略大網」工程表(2006?2015)より市場等の将来像が記載されている箇所を抜粋・後発医薬品の市場シェアの大幅な拡大・製薬企業における臨床段階の新薬候補物質数の増加・使用量上位医薬品に占める日本オリジン医薬品の割合向上・世界レベルで10位以内の規模の内資系製薬企業の出現・医療機器産業の国際競争力指数の大幅改善・製薬企業の日本国内における研究開発投資および新薬の増加・がん、循環器系疾患、腎疾患等の国民の保健医療水準の向上創薬・診断O画期的な医薬品を生み出す:革新的なシーズ深素技術の確立(ゲノム、RNA、タンパクなどのポストゲノム、効果的・効率的な創薬テーゲットの絞込み技術など)Oターゲットバリデーション(研究開発リスク軽減のためのタンパク質相互作用、ネットワーク解析技術、ケミカルジェネティクス等)O薬物設計・薬物最適化(insilicoスクリーニング技術の高精度化など)O前臨床・臨床(MRI,PETなどの分子イメージングシステムによる薬剤効果を検証しながらの治療の実用化、疾患モデル細胞・動物などを利用した有効性評価など)O製造(バイオプロセス技術による抗体医薬製造の低コスト化など)Oファーマコゲノミクス(投薬前診断)等の実現に向けた技術の開発(最適な医薬品投与のための投与前診断技術の開発、個人の遺伝情報による罹患リスク診断技術の開発など)診断・治療機器Oモニタリング・生活習慣指導(遺伝子診断、在宅健康測定機器、医療情報IT化)O早期診断の精密化(CT,MRIの高度化→読影支援システム、確立診断の精密化→PET、MRI、分子イメージング)O診断・治療の一体化(CT,MRI、分子イメージングなどの画像誘導下手術、内視鏡、DDS,放射線治療等)O安全・安定な機能代替(インプラント、人口臓器等)O安全な医療システムなどの構築(医療情報システムの構築、機能・システム間のインターフェースの容易化、診断機器の小型化などの医療の高度化)再生医療O術前診断O細胞および組織の調達・入手O細胞および組織の調整・形成O輸送・保存O移植・治療現状2010年2015年2025年将来像研究開発ライフサイエンス分野の導入シナリオ