file figsn_nano1_page9.gda
elems [260]
vmap [([4,'',1.0],[0,0.0]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'',1.0],[0,0.0]),([2,'連携',1.000000],[227,2.791759])]
doc_set 2007

ナノテクノロジー分野における標準化シナリオ2006ナノテクノロジー国際標準化2015201020082007ISOOECDとリエゾンISO総会での議論TC229新設(ナノテクに関する技術専門委員会)材料規格WGIEC用語・命名法WG計量・計測WG(我が国が議長)健康・安全・環境WG合同総合0712国際標準策定作業(ナノ粒子の純度、形状、親水性・疎水性評価、密度評価など、''engineeredナノ物質(産業応用を目指して合成されたナノ物質)”を今後の標準化の対象とする方向国際標準策定(ナノ材料試験方法、ナノ材料製品仕様、ナノ粒子の特性評価方法)我が国における研究開発についても実応用上のパフォーマンスの視点からプロジェクト形成を検討することが必要JISC日本工業標準調査会ナノテクのロジー標準化国内審議委員会TC113新設(ナノテク電気電子技術専門委員会)IEC総合での議論06年6月ー07年1月ナノ材料の評価項目、計測方法等試験方法を提案07年6?12月ナノ材料の用語、純度、形状評価等製品仕様を提案予定08?09年項我が国からナノ粒子の特性評価方法等を提案予定※OECDとのリエゾン国際標準化活動基盤強化アクションプランの毎年改訂(同アクションプランは2004年6月策定)ナノ計測に関する研究開発(ナノ粒子の物性等に関する評価技術等)研究開発ナノ粒子の特性評価に関する研究開発(ナノ粒子特性評価手法開発PJなど)ナノテク製品に必要な機能等を踏まえた研究開発(ナノ物質生産技術と標準物質を活用した計測、安全性評価技術との連携)標準化を取り入れた研究開発2006.10