file figother_envi3_page17.gda
elems [42, 748]
vmap [([2,'',1.0],[0,0.0]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'例',1.000000],[34,4.044522]),([1,'製造技術',1.000000],[605,3.079442])]
doc_set 2007

リスク削減技術の技術俯瞰図削減対象物質対策課題開発課題リスク削減効果指標a.bの項目がどちらか◎かどちらも○以上であり、産業力競争力が○以上のものを満たすものを重要技術とした。開発要素具体的な開発テーマ主な削減対象物質主な排出産業(技術の適用先)その技術によって生産される製品将来的にその技術の必要性(キーワード)大気プロセス転換無溶媒による合成、分離・抽出プロセスVOC/溶媒プロセス転換回収、分解有害副生物(金属、難分解性物質等)プロセス転換原料転換NOx等分解ハロゲン等プロセス転換分解アスベスト飛散防止技術金属イオン等(F,Bを含む)回収水域有機ハロゲン分解・除去重要開発課題アルコール系、飽和炭化水素系溶媒による合成、分離・抽出プロセス水溶性触媒による水系溶媒、イオン性流体等による高選択グリーン化VOCフリー塗装、洗浄、印刷、接着環境調和型エマルションプロセス複合酸化物触媒等による低温接触分解プロセス炭素系、無機系膜モジュールによるガソリンベーパー、消毒・滅菌剤の回収・分解光触媒材料による分解処理機能性膜、炭素性繊維膜、吸着材による選択・分離プロセス機能性シリカ・ゼオライト、高表面積活性炭等による回収特殊反応場利用VOC分解システム無機・有機ハイブリット膜、複合酸化物、層状化合物等による分離・回収、分解プロセス融合反応場を利用したプロセスのグリーン化、シンプル化選択加熱(マイクロ波など)によるシンプル反応化マイクロリアクター*等によるプロセスのシンプル化及び高速化新規酸化・還元触媒による有機合成のシンプル化低品位炭化水素からのオレフィン、合成ガス製造プロセスCO2,DME等を利用した化成品製造プロセス未利用資源(超重質留分、バイオマス等)からの有用原料転換プロセス低品位化石資源中の硫黄、重金属等の除去と再資源化有害残渣を併産しない生分解性ポリマー製造プロセス低級飽和炭化水素等からの化成品製造プロセスバイオ資源、廃棄物からの化成品製造プロセス複合酸化物触媒等による希薄NOx分解装置低NOxの燃焼システムハロゲン、シアン、ホスゲン化合物等を用いないクリーン化新酸化法(過酸化水素、オゾン、分子状酸素等)によるノンハロゲン化微量有害物質の酸化分解プロセス高効率剥離・回収、飛散防止システムスラッジ等の資源化・減量化界面動電現象*による有害金属イオン等の回収、除去高性能イオン交換膜、多機能吸着材による選択回収・除去高分子、超分子等による有害金属イオンの選択除去微量トリハロメタン等の分解・除去トリクレン等の分離・完全酸化分解オゾン、UV等による微量有害ハロゲンの分解難分解性物質の完全分解プロセス溶媒、プロセス溶媒、触媒プロセス材料、プロセス触媒材料、プロセス触媒、プロセス材料、プロセス材料、プロセス触媒、プロセス材料、プロセス触媒、プロセス触媒、プロセス触媒、プロセス触媒、プロセス触媒、プロセス触媒、プロセス触媒、プロセス触媒、プロセス触媒、プロセス触媒、プロセス触媒、プロセス触媒プロセス触媒触媒触媒材料、プロセスプロセス材料、プロセス材料材料触媒、材料材料プロセスプロセス評価項目?リスク削減効果評価項目?産業競争力強化a.ハザードや排出削減量から見たリスク削減ポテンシャル◎:大○:中△:小b.コスト(コストが安いほど普及しやすく、リスク削減に貢献)◎:高い△:低い○:中くらい・クマリン誘導体の無溶媒合成△:高い○:中くらい◎:安い・アルコール溶剤による環境調和型アゾ化合物類の合成・金属錯体触媒によるオキソ反応、選択水素化、異性化反応・水溶性錯体触媒、相間移動触媒によるシンプル化反応・超臨界CO2*による塗装、洗浄プロセスの開発・(界面活性剤を使用せずに)超音波を利用してエマルジョンを生成して洗浄する技術の開発・酸化鉄系触媒及びプロセスの開発・VOC分離用シリコーンゴム中空糸膜の開発・可視光型光触媒によるVOC・NOx分解装置の開発・メソ細孔性活性炭素繊維膜の開発・ナノ多孔性酸化チタン膜の開発と回収プロセス・低温プラズマと触媒による低濃度分解装置・吸着剤濃縮による低温プラズマ分解装置・キューリー点制御による高効率回収装置・生分解性生体高分子材料含有ハイブリット膜の開発・メンブレンリアクターの開発・超音波、マイクロ波、高周波反応場を利用したナノ材料合成、有害物質の分解、殺菌プロセス・イオン性流体、超臨界流体による高選択反応(水和、水素化、メチル化等プロセス・超高温/高圧反応による新規無機有機ハイブリット材料プロセス・メンブレンリアクターの開発・高選択加熱による芳香族ポリカーボネートの製造・多段衝突型マイクロリアクターによるアルデヒド類の高速・高選択合成・メソポーラスシリカ系触媒による直接フェノール合成・酸化ダイヤモンド?ニッケル触媒による合成ガス製造法・超臨界二酸化炭素を使用したホルムアミド誘導体の製造・DMEからのプロピレン製造プロセスの開発・重質留分の脱アルキル化による単純芳香族化合物の製造・硫化水素による金属水銀の除去技術・酵素触媒による生分解性ポリマーの製造・メタンの選択的直接酸化による化成品製造用触媒の開発・超臨界溶媒処理による化成品原料の製造技術・Ba(La)Mn(Mg)系複合酸化物を用いるNOxの直接分解反応・予混合システムの開発・低NOxバーナーの開発・CO2を原料とする非ホスゲン法ウレタン製造、ポリカーボネート製造・ヘテロポリ酸担持Ru触媒によるテレフタル酸の製造・金属酸化物触媒、複合酸化物触媒等によるによるダイオキシン類の完全分解・コーティング材(保水剤、増粘剤等)による飛散防止・コーティング材(硬化性高分子材料等)による劣化防止・無人ロボットのマニピュレーター及びその動作制御システムの開発・めっきスラッジフェライト化装置の開発・新規凝集剤の開発・メッキ廃液の長寿命化・スラッジの安全な再利用方法の開発(用途開発)・鉄陽電極界面動電法による珪砂からの汚染物質の除去・Mg又はMg合金系吸着材による金属イオン等の除去・イミノジ酢酸基を有するキレート樹脂吸着剤の開発・Si系光触媒による高速、完全分解・トリクレン吸着高性能イオン交換膜、多機能吸着材の再生技術・オゾン噴射ダイオキシン分解炉の開発・光触媒、超臨界水による完全分解装置の開発技術開発確保:基礎力技術力優位:チャンピオンダイオキシン、PCB等ダイオキシン、農薬等トリクロロエチレントリハロメタン等Cd、Pb、Hg、As、CrCd、Pb、Hg、As、Cr、F、BCd、Pb、Hg、As、CrPb、Sn、Znアスベストダイオキシン臭素臭素、シアン、ホスゲンNOxNOxNOx,SOxNOx,SOxNOx,SOxHg,V,S,Ni,AsNOx,SOxNOx,SOxNOx,SOx亜酸化窒素、臭素トルエン、キシレントルエン、キシレントルエン、キシレントルエン、n-ブタントルエン、n-ブタントルエン、キシレントルエン、キシレントルエン、n-ブタントルエン、エピクロロヒドリントルエン、n-ブタントルエン、キシレントルエン、酢酸ブチルトルエン、キシレントルエン、キシレントルエン、キシレン化成品、医農薬化成品、医農薬化成品、医農薬塗装、印刷化成品、医農薬石油製品石油製品、医療用品石油製品化成品、医農薬化成品、医農薬石油製品石油製品化成品、医農薬化成品、医農薬化成品、医農薬化成品、医農薬化成品化成品、石油製品化成品石油製品化成品石油製品化成品、石油製品化成品、石油製品化成品、石油製品化成品、医農薬化成品、医農薬廃棄物処理業産廃処分業ビル・住宅金属、非鉄金属金属、非鉄金属金属、非鉄金属金属、非鉄金属化成品、医農薬化成品、金属製品下水道、廃棄物処理業下水道、廃棄物処理業ヒト健康対策原材料有害物処理システム有害物分解炉有害物処理システム有害物処理システム吸着剤有害金属回収システム有害金属回収システム有害金属回収システムコーティング材、アスベスト処理システム原材料原材料有害物処理システム燃焼システム有害物処理システム原材料合成触媒医療用材料有害物処理システム原材料ヒト健康対策原材料原材料医薬原料合成触媒原材料分離膜VOC分解装置分離膜原材料VOC分解装置分離膜燃料ガス分析用材料塗料原材料色素添加剤◎○△ヒト健康対策ヒト健康対策技術開発確保技術開発確保技術開発確保技術開発確保ヒト健康対策技術開発確保技術力優位技術力優位技術力優位技術力優位技術開発確保技術開発確保技術開発確保技術開発確保技術開発確保技術開発確保技術開発確保技術開発確保技術力優位技術力優位技術力優位技術力優位技術力優位資源確保、多様化資源確保、多様化資源確保、多様化排出規制対応排出規制対応排出規制対応排出規制対応排出規制対応排出規制対応排出規制対応◎◎◎◎△◎△◎◎◎◎◎◎◎◎◎○◎○◎○◎◎◎◎◎◎◎◎○◎○◎○◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎○○○△○△○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○△○○△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△マイクロリアクター*超臨界CO2*界面動電現象*CO2の臨界点(31℃、7.4MPa)以上では、液体と気体の性質を合わせ持つ状態となり溶解度、粘性等で特有の性質を示す数μmから数百μmのマイクロ空間の現象を利用した化学反応・物質生産のための装置溶液や土壌中に電極を挿入して、直流電圧を印加することで発生する電気泳動や電気浸透流と呼ばれる物質移動を利用した技術