file figrm_life_page29.gda
elems [726, 866]
vmap [([2,'応用',1.000000],[621,8.375278]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'例',1.000000],[744,20.222612]),([1,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2007

[技術的変化]現状:2005年2006年~2010年2011年~2015年2016年~2020年2021年~2025年病患の発症リスクの評価技術有用バイオマーカ探索生体情報計測遺伝子診断チップ等クリニカルインフォマティクス支援技術ヘルスモニタリングCT高速、高精細低被曝高機能化MRI高速化(高空間分解能化)機能イメージング(MRA,DiffusionTensoretc)目的により小径化、広空間ボア読影ステーションコンピュータ支援診断(CAD)情報インフラPET機器の高精度化マーカー開発による高機能化超音波高速化質的診断治療応用研究段階(高コスト、再現性/安定性に限界)特定薬剤に対する感度解析に対する応用、癌遺伝子の探索研究遺伝子と病患の関係の基礎データ蓄積中低侵襲性、測定精度に限界。治療する場合の限定的在宅使用。観血的血糖測定器心臓の心電位相再構成(螺族移動あり)連続X線3次元距離計測血患狭窄計測脳パリューション解析非心電同期心臓シネ撮影・[MR穿刺モニタリング生体軟部組織検出研究(輪郭、境界の強調)微量元素検出研究(放射光応用)固定大型器にて、専用室で撮像2次元画像からの特定臓器・病患自動抽出CT、マンモグラフィーでは一部実用化特定の病診連携における遠隔画像診断・[HE/D[COM、HL7によるデータ交換プロトコルの標準化・電子カルテの普及・インターネット接続による遠隔画像診断18F?FDG診断薬の実用化2Dエラストグラフ(数フレーム/秒)造影剤:マイクロバブル「レボピスト」 気体Φ2~3μ収束超音波による治療熱的、衝撃数MHzビーム精度左右方向1mm奥行方向10mm遺伝子関係解析技術のコストダウンと正確性の向上臨床統計学に基づくソフトウェアの開発測定精度の向上(医療診断適用可能レベル)、装置の小径化(在宅使用)、低侵襲化(非観血)非侵襲血糖測定技術の開発運動・変形を伴う臓器の高画質三次元抽出心臓を1回転で撮影(螺旋移動なし)被曝低減(センサ限度の向上、画像処理の高度化定量機能計測(例:心機能解析、冠動脈動態解析)高画質・2次元リアルタイム撮影被爆(心臓) 5分の1被爆(心臓) 10分の1MRS[、造影剤利用による代謝情報、パーフュージョン(心筋血流、心筋バイアビリティーや心機能など)の可視化(一部臓器で実用化)、温度の精密計測(高温部)MREによる組織の粘弾性計測ベッドサイドでの撮像(対象器官を特化、小型静磁場コイル)術中撮像(ハンディサーフェイスコイルプローブ)単臓器の3次元画像からの病患自動抽出CT、マンモグラフィーでのCADの展開病病/病診連携による遠隔画像診断、EBMの普及知識データベース構築のインフラ整備・[HE/DCOM、HL7による標準化の拡大(セキュリティ、プライバシーなど)・セキュリティが担保された医療用情報基盤が整備される。空間分解能の向上・低被爆化(センサ感度の向上・部位別PET化)18F、11Cなどのプローブを用いた診断薬の実用化(細胞増殖の画像診断薬の実用化、低酸素部位の画像診断薬の実用化、痴呆、脳神経・精神病患への適応のある分子イメージング用PET薬剤の実用化)高速化による三次元画像硬質腫痬診断のための2Dエラストグラフ(60フレーム/秒)可変フォーカス、強度変調による局所部位での適用化可変ビームによる点から面への治療部位拡大電子スキャンでの高速化による全身用超音波診断特定部位への分子イメージングの実用化(遺伝子発現レベル又は産生タンパクの画像診断の実用化電子スキャンでの高速化による全身用超音波診断腫痬診断能の向上(放射線治療抵抗性腫痬部位診断など)マルチモダリティ化による診断精度向上光PET例:乳房部位用)セキュリティが担保された医療用情報基盤が拡大する。(PDA等の携帯機器の利用)広域な病病/病診連携による遠隔診断の拡大携帯機器を利用した遠隔診断他のモダリティーでのCADの展開検査情報との複合化処理技術多臓器の3次元画像からの複数臓器一括自動抽出撮像可能環境の拡大、診断・治療一体化の応用3Dのフォーカスターゲッティング、エネルギートラッキングバブルの極微小か:液滴リガンド付造影剤(液滴のためΦ100nm)硬質腫駅痬診断のための3Dイラストグラフ(10フレーム/秒)神経病患に対して、トレーサーの開発とともにエネルギー分解能の向上、半導体等を用いた解像力の向上、の研究開発多臓器の不特定な病患のCADによる自動抽出パーキンソン病などについては、ドーパミンに特異的な造影剤又はマーカーの開発を背景に、黒質線状体に特化して抽出できる高感度・高空間分解能化血管カテーテルトラッキング:診断用X線カテの代替え低侵襲技術の確立冠動脈カテーテルトラッキング心臓を秒10ボリュームで連続撮影ナノバイオセンサや遺伝子検査の発展により神経疾患の予防が可能再現性と汎用性の向上遺伝子病患関連情報処理機能を持つチップの実用化バイオマーカ毎のチップ最適設計技術の開発薬剤治療関連バイオマーカ、発症、発症リスク評価、感染症の迅速診断用バイオマーカの探索とそれを用いた診断の開発遺伝子・病患関係データベースの高度化・体系化、発症リスクに関与する生体機能を評価する技術(候補:疲労、ストレス、臓器の予備能など)のかいはつ。長時間無拘束計測化、治療機能の付加臓器の運動・変形のリアルタイム連続撮影長侵襲血糖測定の連続計測、インスリン注入器との一体化X線の有効活用(新X線源の適用、放射光/位相X線・蛍光X線計測の応用)バイオマーカーを利用した生理機能・形態同時計測(例:血管新生解析、組織再生経過解析、遺伝子診断治療支援)臓器の運動・変形の4D撮影MRS[による代謝情報の可視化(全身で実用化)、温度の精密計測(氷点下温度域)、造影剤も活用、必要に応じて超高磁場MRIの活用(分子イメージング)正常・異常画像の知識データベースの構築グループ医療の高度化(医療情報の広域共有)高度化した情報基盤の活用マルチモダリティ化による複数機能情報の統合PET?MR[)発症前早期診断より広い部位への分子イメージングの実用化小児心臓リアルタイム解析など心臓を秒30ボリュームで連続撮影多臓器多疾病の自動診断治療部位の超音波画像モニターの精密化硬質腫駅瘍診断のため3Dイラストグラフ(10フーム/秒)3D化したエラストグラフと局所治療デバイス(例収束超音波治療システム)との融合:治療効果のモニタリング超音波用像経済技術と治療技術の融合:超音波診断と収束超音波による治療3D化したエラストグラフと局所治療デバイス(収束超音波治療システム)との融合診断・治療機器分野のロードマップ