file figtm_envi5_page10.gda
elems [314, 231]
vmap [([2,'応用',1.000000],[274,2.791759]),([0,'',1.0],[0,0.0]),([3,'',1.0],[0,0.0]),([1,'製造技術',1.000000],[197,6.158883])]
doc_set 2007

主な要素技術・課題「エネルギー技術」を実現するための要素技術(EnablingTechnology)・課題など個別技術「エネルギー技術」のうち、政策目標に対する寄与の評価が可能なレベルで細分化した技術赤字・下線は「総合エネルギー効率の向上」への寄与が大きいと思われる技術エネルギー技術エネルギー(需給)に関係する技術(EnergyTechnology)。同種の市場ニーズ・社会ニーズを実現するためのシステム、プロセス、製品などの技術群省エネ型産業プロセス高効率工業炉・ボイラーコプロダクション産業間連携コンビナート高度統合技術高効率発電機水素利用次世代コークス製造法製鉄プロセス新還元溶解製鉄法石油精製プロセス石油化学プロセスセメントプロセス製紙プロセス非鉄金属プロセス化学素材プロセスガラス製造プロセス組立・加工プロセスセラミックス製造プロセス高効率工業炉・ボイラーコプロダクション産業間連携コンビナート高度統合化技術超電導発電機水素燃焼タービン次世代コークス製造法(SCOPE21)、高反応性新塊成物導入、一般炭・鉄鉱石接着結合技術、フェロコークス製造技術、多目的転換炉、廃プラ・バイオマス吹き込み技術、副生水素(COG)の利用最適化/水素エネルギーシステム、劣質原料使用技術(石炭)溶融還元製鉄法(DIOS)、高微粉炭比操業下でのダスト排出量低減、電磁気力利用鋳造技術、電気炉ダスト回生技術、新焼結プロセス、次世代圧延技術(難加工性特殊鋼等)、革新的電磁鋼鈑技術、事前炭化式ガス化溶融プロセス、鋳片表層改質による循環元素無害化技術、超微細粒熱延鋼鈑製造技術、回転炉床有用金属回収技術、高温耐熱耐食鉄鋼材料、断熱型鋳造システム、熱・冷延統合プロセス、創資源・創エネルギー型高炉、化学プロセスとのコプロダクション、エネルギー(鉄/ガス)併産技術新還元溶解製鉄法(ITmk3)、直接還元製鉄法(FASTMET)、電炉用HBI製造プロセス、断熱型鋳造システム、電炉希釈バージン鉄製造(DRIC)、希少金属分離回収技術、特殊鋼材高洗浄・高機能化技術、化学プロセスとのコプロダクション低水素消費型ガソリン脱硫技術、高効率プレート熱交換器技術、コンビナートエネルギー高度利用技術・低位熱回収システム省エネ型プラスチック製品製造技術(SPM)、気相法ポリプロピレン製造技術(触媒開発)、低エネルギー分解技術(ナフサの接触分解プロセス・膜分離)、古紙等からの化学原料等製造技術、バイオマスからの石油代替成形材料の製造技術、超臨界流体を利用した化学プロセス技術、内部熱交換型蒸留プロセス(HIDiC)、ガソリン基材・石油化学原料高効率製造技術、コプロダクション、サステナブル・カーボン・サイクル・ケミストリー(SC3)廃棄物原料化技術、省電力ミル、高効率乾燥炉、廃棄物ガス化によるコプロダクション黒液回収ボイラーの高効率化、パルプ化工程の省エネ、苛性化工程の効率化、抄紙方法効率化、植物遺伝子組み換え技術、黒液・バイオマスガス化技術、バイオマスIGCC、バイオマスIGFC、バイオマス利用によるコプロダクション加工技術、高効率精錬、金属リサイクル技術、合金製造技術(高機能チタン合金プロセス)、断熱型鋳造システム、材料・複合化材料技術(水素貯蔵材料など)、熱電発電材料製造技術、高純度金属材料製造技術触媒技術、ガス分離技術、エネルギー回収、マテリアル再利用、バイオ技術、バイオリファイナリー、製鉄とのコプロダクション、分子状酸素の利用、SC3の高度利用ガラス溶解に関する省エネ技術(プラズマ加熱利用)、ガラス成形・除冷工程に関する省エネ技術動力回生システム、切削性向上(クーラント装置等)、高度機械加工システム、非鉄金属加工技術、動力回生システムの小型化・他分野への応用低温プロセス技術、複合加熱プロセス技術、プリカーサ利用技術、溶媒最適化、完全リターナブル化高効率燃焼技術、再生燃焼技術、酸素燃焼技術、伝熱技術、次世代高性能ボイラー、高性能工業炉ガス化技術(部分酸化法)、原料多様化、高効率化、低コスト化、次世代ガス化技術、製鉄・化学プロセスのコプロダクション石油コンビナートのエネルギー有効利用、石油精製高度機能融合技術開発、熱ピンチ・エネルギーカスケード利用、物質ピンチ、物質再生産業間連携、IEMS(産業集積地のエネルギー管理システム)、ILEN(産業集積地の地域エネルギー・ネットワーク)副生成物利用技術、LNG冷熱利用技術、水素統合利用技術、未利用分解留分高度利用技術、未利用分循環再生マルチ処理技術、次世代型エネルギー・化学原料併産型高効率ガス化技術超電導技術、大容量化、風力用発電機実証、電力用発電機実証超耐熱材料、高効率酸素製造技術、水素燃焼技術、水蒸気用凝縮器、水蒸気用翼冷却技術No.110111021103110411051106110711081109111011111112112111311141115111613341中分類(*)超燃焼システム技術?「総合エネルギー効率の向上」に寄与する技術の技術マップ(技術リスト)(1/5)(*)「省エネルギー技術戦略2007(H19年4月)」を参考に、代表的なものに分類した。