file figother_envi3_page10.gda
elems [288]
vmap [([1,'',1.0],[0,0.0]),([0,'家電',1.000000],[259,4.761200])]
doc_set 2007

国際的な動き2000H122008H202004H162002H142006H18有害化学物質による環境リスクの適正な管理に関する6つのプログラム分野での国際的な行動計画高生産量物質について初期リスク評価のためのSIDS(スクリーニング用データセット)を収集具体的な目標設定と行動計画車両廃棄物(ELV)の適正管理を目的に、車両への鉛、水銀、カドミ、6価クロムの使用を制限リストに記載されていない化学物質の製造または輸入について、事前に申告する義務OECDーHPVを促進するため、産業界として分担大防法に対応した自主管理活動国内産業界大気汚染防止法改正(1996) 負荷量規制を新増設の工場事業場だけでなく、既設時業場にも適用現時点で示されている具体的目標(?:国際--:国内)有害大気汚染物質対策を導入〈化学物質総合評価管理プログラム〉・有害性評価:2006年度までに4000物質(分野性・蓄積性のみ。予測システムを活用)・リスク評価:2006年度までに150物質〈OECD?ICCA_HPV〉・2020年までにHPV1500全物質有害評価(日本分担96物質)〈Japanチャレンジプログラム〉・既存化学物質のうち有機低分子化合物を中心に、国内年間製造・輸入量1000トン以上の約700物質を優先情報収集対象物質とし、2008年を目途に海外の取組とも協調しながら有害性情報を収集〈OECD-HPV〉・2020年までにHPV4500全物質のS【DS終了海外各国の動き非意図的に生成するDXN,HCB,PCBを最小限にするためのBAT※の適用化学物質が、人の健康と環境にもたらす著しい悪影響を最小化する方法で使用、生産されることを2020年までに達成化学物質の分類・表示の統一家電・電子機器の生産~処分の全過程で鉛、水銀、カドミ、六価クロム、ポリ臭化ビフィニール、等の6物質の使用を制限EUの化学物質新規性案。新規・既存化学物質同一扱い、安全性の立証責任を企業側に課す、等の厳しい内容大防法に対応した自主管理活動自動車のリサイクル率の向上とグリーン調達を目的とし、自動車部品の部材データをサプライチェーンの上流~下流全工程で管理対象物質の見直し動植物への影響と環境中への放出性を考慮重点推進4分野の環境分野の研究領域として、「化学物質リスク・安全管理研究領域」設定揮発性有機化合物VOCが規制対象に追加法規制と自主的取組の組合せによる対策・BAT:BestAvailableTechnology(最良利用可能技術)アジェンダ21(1992)ヨハネスブルグ宣言(2002)ヨハネス宣言の目標ICCA-HPV〔1998〕ELV*指令(2000、EU)化学物質排出把握管理促進法(1999制定)化学物質審査規制法(1973制定)改正化審法(2004施行)大防法改正(2004)湖沼水質保全特別措置法改正(2005)湖沼水質保全特別措置法見直し(2011)〈ヨハネスブルグ宣言の目標点〉化管法見直し有害大気汚染物質に関する自主管理計画(第2期、2001~2003)VOCの自主管理開始(2006~)IMDS(自動車業界)→SDS*への動き新科学物質環境管理規則(2003、中国)POPs条約発効(2004)OECDで化学製品政策(CPP)検討開始(2002)RoHS指令発光(2006、EU)REACH(2008、EU)GHS*の実施目標(~2008)OECD-HPV*OECDでGSC*イニシアティウ開始(1998)200120092007200520032020H322018H302016H282014H262012H242010H22参考3重要技術選定の評価項目と評価方法について・PRTR:PollutantReleaseandTransferRegister,・(M)SDS:(Material)SafetyDataSheet化学物質安全データシート、・HPV:高生産量化学物質、第三期科学技術基本計画(2006?2010)【化審法】【大防法】【化管法〕・GSC:グリーン・サステイナブル・クミストリ、・GHS:GlobalHarmonizedSystem(国連による標準的分類・表示システム)、