file figrm_manu1_page10.gda
elems [978, 979]
vmap [([3,'サービス',1.000000],[902,78.428886]),([0,'コンテンツ',1.000000],[903,9.783641]),([2,'',1.0],[0,0.0]),([1,'',1.0],[0,0.0])]
doc_set 2007

ロボットターグットサービス・インタラクション2005環境提供サービス情報ネットワーク、ロボット移動環境構造化(施設)RT提供サービス様々な機器のネット接続による情報提供・支援、セキュリテイ、掃除専門家の管理する環境(専門義務支援(病院・施設等))地域活動支援ロボット(A、B)レストラン接客・片付けロボット(B、C)[人にできない・頼めないことのロボットサービス化や運用サービス]シェフロボット(B、C)A:搬送、警備(安全・安心)、清掃、案内、お供B:メデイアサービス(情報支援、エンタテインメント、教育)屋外清掃警備搬送ロボット(A)ゴミ箱搬送・計量・課金ロボット(A)C:日常生活支援高齢者日常生活支援ロボット(A、B、C)日常生活支援コミュニケーションロボット(B、C)介護用ロオット・付き添い・見守り介助用ロボット・食事・排泄・起床・移動・歩行[医寮分野]搬送ロボット掃除ロボット案内ロボット搬送ロボットオフィス作業支援ロボットセキュリテイ支援ロボットインテリジェントホーム(生活環境の構造化・知能化)セクレタリロボット(情報系ヒューマン[/Fロボット)人間との細かやなコミュニケーションがあまり必要とされない防犯・防火用途での機能実現を目指す。この際、対象地域としては、防犯・防火用途での需要が多いと考えられる人口密集地での利用を目標とする。病院、介護施設、独身寮、深夜レストランで24時間365日の食事提供を従事者の8時間労働によって達成する。家庭においては各人の嗜好に合わせた作り置きの食事、宅配食事、コンビニ食を冷蔵、各人の食事時間に合わせて、加熱、盛り合わせ、調味して提供。夜間は工場、遊園地等の屋外の清掃と警備を行う。清掃はゴミをかき上げ吸引するスイーパ方式とし、警備はカメラ及び各種の状況認識センサを搭載し、その画像及びデータを防火センターに送信する。昼間は工場間や市場等における屋外及び屋外同レベルの環境下で、搬送を主とした物流を行う。ロボットがオフィスのゴミ箱設置ステーションから廊下を自律走行し、エレベータに自律的に乗降しながらゴミ箱を回収する。ロボットが回収してきたゴミは、ゴミ箱に設けた]Cダタ等により、ゴミの種別及びテナント名等を判別される。ゴミ計量器に自動的に乗り、ゴミ重量を検知する。このデータをビル管理会社のコンピュータに送り、ゴミの計量・管理を行う。更にテナントなどで課金するデータを作成する。新聞紙・ゴミ・宅配荷物・鉢植えなど、地面に置かれた物体の連搬を実現する。対象物の認識に関しては、ユーザが遠隔操作を行う、もしくは対象物に簡易のマーカを貼るなどして、確実な把持・連搬を実現する。見守り機能においては、予め間取りや連動するセンサを限定した上で、異常の検知およびそのユーザへの適切な伝達機能を実証する。アシスタント機能においては、タスク数種類に限定した上で、一般の初心者に対するサビース提供を実証する。在宅クアベッド病院用搬送ロボット食事支援ロボット搬送サービス・カルテ・薬剤・検体・医用器材搬送起床・移動支援ロボット工場用搬送ロボット搬送サビース家庭内、会議室などにおける高度センシングによる活動支援1対1→1対Nのコンミュニケーションへ家庭内機器のインタフェースとしての情報家電ロボット情報提供家電操作家庭の安全見守り(留守番・通報)情報提供家電操作情報管理サービス・セキュリテイ・機器制御(リモコン)・健康管理・環境制御RTハウス独居高齢者の見守りサービス公共空間、Πマンションにおける監視インテリジェントホーム施設・オフィス内搬送支援ロボット搬送サービス搬送支援ロボット案内・荷物搬送サービスショッピングモール内ショッピングカートロボット専門のオペレータやスタッフの使うロボットから一般ユーザーへ施設内の案内ロボット接客サービス・座席案内・オーダリング館内案内・説明施設内の荷物搬送ロボット荷物搬送サービス・荷物搬送・搬送先検素排泄支援ロボット歩行支援スーツ施設内の見回り/見守り施設内見守りサービス・施設内の見守り・施設内の見回り下ごしらえした部材を冷蔵、冷凍する機能を持ち,煮る・焼く・蒸す・揚げるなどの調理作業と盛り付けなどの仕上げをロボットで行う。ファーストフード店相当メニューを提供できる。また、複数のロボットを一箇所にまとめて配置することで、24時間対応の屋台村が出現する。喫食履歴の他、食材の価格、産地、賞味期限をも考慮した安心・安全なお勧めメニューを例示し、仕入れ、下ごしらえなどを担当する料理担当社の新メニュー開発を支援する。(1)登下校時や外遊び時における児童の安全確保(見守り):主として人気の少ない通学路にロボットを配置し、一定のエリア内の警戒活動に当たらせる。(2)地域内の防火対策(火の用心の見廻り):主として人気のない時間帯(深夜や早朝)において、地域内に設定されたルートをロボットが巡回し、路上をうろついている不審者に対する 警戒活動を行う。(3)青少年の健全育成に寄与する支援:ロボットに、年長者が青少年に伝えたいことを記憶させ、音声だけではなく、表情や身振りを交えて、ロボットが青少年に年長者の経験や知識に基づく「話しかけ」を代行する。お客様を識別して、好み、喫食履歴を参照し、健康増進可能なお勧めメニューを提示。量、味付けも含めて、大部分のユーザから家庭料理以上においしいいいと賛同が得られる味覚検知,味覚調整能力を装備する。料理の味付けは熱練の経験をロボットに取り込むことで実現する。一流シェフの目,舌、ウデ(技術)をロボットにプログラム化することになる。これによって、安価でも、高級な味を提供できるようになる。自律的に高齢者とコミュニケーションを行い、要求を把握すると共に、その解決方法を立案する。電灯の交換や、棚の中のものの出し入れ、任意形状の物体の連搬などをこなすことができる。床に置かれた物体の認識・把持・運搬を自動的に行う。棚の上の物体の移動、電灯の電球交換作業の際には、対象の機器に張られた]Dタグから機器情報を取得することや、マーカを張った上で自動動作を行う。見守り機能においては、新しい環境に持ち込まれても、環境を把握し、環境に存在するセンサを検出・接続してサービスが行えるようにする。また、アシスタント機能においては、ある程度多様なタスクに対応可能なように、汎用的な仕組みと、サービスコンテンツの開発、およびユーザ特性に応じたサービスコンテンツの追加、ユーザ使用機器に応じた操作方法のダウンロード機能を実証する。また、特に高齢者に対しての適切な対応ができるようにする。ロボット分野のロードマップ(サービスロボット)201020152025専門家の管理する環境(一般対象サービス)公共におけるメデイアとしてのロボットコストダウン屋内センサネットワーク、ネット家電ロボット移動環境構造化(一般オフィス)モビリテイ搬送・案内・ドア・窓自動開閉(自動監視)物理エージェントサービス(コミュニケーション/移動ー>搬送ー>作業)一般家庭・オフィス(定型作業支援)への普及屋外センサネットワーク、ロボット移動環境構造化(一般家庭・屋外)都市空間への展開軽作業支援[公共分野][製造業][生活分野]清掃サービス・自動清掃業務用掃除ロボット<サービス><サービス要素>[福祉分野]環境接客:水・おしぼりの給仕は、専用のトレーを用いー括して行う。環境構造化技術によりロボットの機能を補い、例えば空きテーブルの把握は、椅子やテーブルに設けたセンサとの連携により行う。片付け:食器の回収は専門トレーベースで行う。すなわち各食器は専門トレーに据付けられた状態で給仕され、その状態で回収される。防犯・防火用途での機能に加えて、青少年の健全育成荷寄与する支援機能を実現し、地域活動全般で支援が行えるようにする。また、対象地域も人口密集地だけではなく、郊外や農村などにも広げ、あらゆる地域で利用を想定する。接客:一人ひとりの来客に対して、水・おしぼりの給仕を個別に行う。また、ロボットの環境認識機能を高め、空きテーブルの検知等はロボット自身により行う。片付け:食器の回収は個々の食器(皿)ベースで行う。すなわち一つ一つの食器の識別やハンドリングが必要となる。病院用支援ロボット